面会交流について知りたい方は、

⇒面会交流支援相談室のページはこちら

離婚相談(離婚協議書作成、離婚調停申立等)

日本の離婚では、協議離婚が全体の9割を占めています。

協議離婚では、お子さんがいる場合は、親権者を決めるだけで、離婚手続きをすることができます。

簡単にできてしまう反面、離婚時には気が付かなかった問題を後から気づくということもあります。

 

ただ、離婚成立してから、

「こんなはずじゃなかった。」

「もう一度条件を決めなおしたい。」

となっても、再度相手方と話し合うことは、非常に難しいし、争いが激化することが多いのです。

 

 

離婚時には、養育費、親権、年金分割、婚姻費用、財産分与(住宅ローン付き自宅、借金)など考えることがたくさんあります。

その問題を先延ばしにすればするほど、相手方とのトラブルが長引くことが多いのです。

 

そんな問題を一つ一つ、私たちと解決していきませんか?

みつおか法務事務所では、離婚問題についても力を入れています。

できるだけ費用をかけず、トラブルを避け、進めていきたいと考えています。

離婚協議書・離婚給付公正証書の作成

夫婦間で話し合いができている場合はスムーズに手続きを進めていくことができます。

また、その内容や話し合いの結果を公正証書で残しておくのが一般的です(離婚給付公正証書)。

 

ただ、夫婦間だけでお決めになった場合、

「決めた条件がかなり不利な条件だった!」

「こんな風になるなんて、思っていなかった。」

など、後になって、いろいろ気が付くということも現実的によく聞くお話しです。

 

ですので、円満に離婚する場合でも、協議書等を作成するときは事前に法律家に相談したほうが良いでしょう。

みつおか法務事務所では、離婚協議書や離婚給付公正証書の作成支援を行っています。

離婚の意思が固まっている方はこちらへ⇒

こちらもご覧ください

自分で面会交流調停申し立てを考えている方はこちら⇒

面会交流相談(離婚協議書・調停申立書作成)をお考えの方はこちら⇒

料金案内(離婚問題)を知りたい方はこちらのページへ⇒