法律に書かれている司法書士の業務

司法書士法第3条に司法書士が取り扱うことのできる業務が書かれています。

分かり訳す説明すると

1.登記、供託に関する手続きについて代理すること

→これは、私たちの主力業務であり、不動産の名義変更、法人設立登記、役員変更登記申請などの登記業務と、供託所に家賃や担保を供託したりする業務です。

2.裁判所、検察庁、法務局などに提出する書類の作成をすること

→裁判所とあるので、もちろん、裁判に必要な訴状、答弁書等の書類から、相続放棄や遺産分割の申立書、それから、離婚等の調停申立書などの作成もできます。

3.認定司法書士になると、簡易裁判所で訴訟代理業務ができます

→みまさんもご存知のように、弁護士と同じように簡易裁判所で代理人として訴訟行為をします。その他和解や相手方との交渉もすることができます。

司法書士の強み

1.なんといっても司法書士は敷居が低い!

→弁護士事務所は都会に集まっていることが多く、わざわざ都会まで相談に行くのが大変。でも、司法書士はどんな田舎でも1人はいます。

また、費用も安く、気軽に相談をしに行くことができます。

2.地元で開業している司法書士は、地域のこともよく知っている!

→ご近所トラブルで、弁護士に頼み訴訟に勝ったのはいいけれど、今までと同じ場所に住みづらくなった。そんな話を聞いたことがあります。

地域密着型法律家である司法書士なら、その土地や地域の人の事情と法律的な思考で問題を解決します。

まだまだ、たくさん違いはありますが、司法書士として、

お客様の気持ちに寄り添い、お客様の希望を第一に考えて、誠実に業務を行います!!

お問い合わせ

わからないこと、お困りのことがございましたら、お電話またはメールでお気軽にご相談ください。
手続きの費用のこと、どのくらい日数がかかるのかなど、どんなことでもかまいません。
家や土地のこと、不動産の売却や購入のことで相談したい、というだけでも結構です。

お問い合わせいただいたご相談につきましては、親身に、丁寧にご対応させていただきますので、遠慮せずになんでも聞いてください。
相談無料、土日祝日・夜間も営業しております。
お問い合わせ、お待ちしております。

TEL : 0561-59-3951

メールでの お問い合わせはこちらから

お気軽にお問い合わせください。0561-59-3951受付時間 9:30~20:00    [ 土・日・祝日も対応いたします ]
メールでのお問い合わせは、年中無休で行っています。

メールでのお問い合わせはこちらお気軽にどんなことでもお問い合わせください。